出る杭がいない? 育てればいいんです!(第2回) 【 「出る杭」は火星人? 】

 巷での「出る杭」の解釈は、「奇人」「変人」から始まり、「尖った奴」や「生意気な奴」「我儘な奴」「出しゃばり」「跳ねっ返り」「問題児」「異端児」「野生児 」などと賑やかだ。

果ては、もはや人間ですらない「火星人」と言われることもある。いずれもあまり好意的な解釈とは言いがたい。「出る杭」は、歓迎すべからざる人間であり、故に周囲から叩かれる。

 しかし、見方によって、「出る杭」の解釈は、まったく異なるものになる。

 私の古巣であるソニーは、よく知られるように、採用広告に「出る杭(正確には、出るクイ)を求む!」というキャッチコピーを掲げたことがある。その広告文には、「ウデと意欲に燃えながら、組織のカベに頭を打ちつけている有能な人材が、われわれの戦列に参加してくださることを望みます」と記されている。

 かつてソニーの永遠のライバルとされたパナソニックでは、今でも幾つかのグループ会社がWebサイトで「出る杭が育つ」人事システムをアピールしている。そこには、例えば「個性豊かで自主自立の精神をもち、目標に向かって道を究め、グローバルに活躍できる人材の育成をめざしています」とある。

 また、本気度はともかく、2005年の文部科学省における国際戦略検討会の国際戦略(提言)に「世界大競争時代における日本の国際競争力の強化のためには『出る杭を伸ばす』環境の創出が必要」とあるように、政府も折々、「出る杭」の必要性に言及してきた。記憶に新しいところでは、2014年から、総務省は「破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために」独創的なアイデアを持った「変な人」の育成を目指す、通称「変な人プロジェクト」を開始した。担当者いわく、「出る杭を支援したい」。

「出る杭」は、見方によっては、歓迎すべき人間なのである。