【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】麺屋心羽

麺屋心羽(ここは)@花崎にて、鶏塩拉麺。

7月6日にオープンしたばかりの新店。

店舗の場所は『らあめん忘八』の跡地。最寄駅から相当な距離があり、徒歩でのアクセスはかなり困難。

だが、結論から申し上げよう。こちらの1杯は美味い、美味過ぎる!

どのような手段を用いてでも足を運ばなければならないほど、ハイレベルだ。

特に、私がオーダーさせていただいた『鶏塩拉麺』!

同メニューの完成度の高さは、今年埼玉県でオープンした数々の店舗の中でも3の指に入るほど。

良い評判が流れていたので期待値を高めに設定して臨んだが、その期待を遥かに凌駕する1杯だ。

鶏のコク深い滋味が、ふわりと柔らかな塩の芳香と相まって、うま味の真円を鮮やかに描き出すスープは、いつの間にか丼が空っぽになってしまうほどレベルが高い。

中盤以降うま味が更に伸び、果てしなく拡がりゆく動的な構成にも、心揺さぶられずにはいられない。

麺もまた絶品。『磯屋商店』の太ストレートを採用。スープを巧みに引き立てながら、自らの魅力もさりげなくアピール。

余分な装飾を徹底的に排し、シンプルに徹したことも、印象の底上げにひと役買っている。