NO.7 時間と成果のマネジメント~多忙の原因はやり過ぎにあった~

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野啓樹です。

僕はこれまで沢山の上場企業の社長や一流の経営者やビジネスマンをクライアントにもち、時には食事やお酒もご一緒させていただいてきましたが、成功している人や一流と呼ばれている人には共通点が多いなと気づきました。それがビジネスに対する取り組み方や思考もそうですが、ライフスタイルや趣味の時間の過ごし方にも表れています。

そこで今日は、出来るオトコのライフスタイルや思考術についてお話しますので、参考にしていただけたらと思います。

時間に対する感覚が人とは違う

先ず「時間」についてですが、皆さん時間をとても大切にしているし、時間に対する意識が”貪欲”です。たとえ1分でも決して無駄にはしません。

電車の中や信号待ち、タクシーで移動中でもボーっとすることはないのはもちろんですし、もしボーっとするにしても意図的(一旦脳を休めるため)に時間を決めてやっています。

中には「お酒を飲むと思考がストップするので(時間を無駄にするので)お酒を止めた」という経営者もいます。またゴルフに行くと1日近く潰れるので、早朝ゴルフしか行かないという方もいます。

余談ですが、僕は10分の仮眠を取るためにタクシーに乗ります。電車やバスだと寝過ごすけど、タクシーだと絶対に起こしてくれるので安心です。

仮眠をした後は脳もスッキリしてリフレッシュできるので、仮眠する時間を取れない時にはよく使います。確かにお金は余分にかかりますが、タクシーで10分の料金であれば仮眠をした後にハイパフォーマンスをすれば取り戻せる金額なので、そこはコンディションを最優先した「自己投資」だと捉えています。

成功している人はみな、時間に対して長期的な視野持ちながらも、1分という短い時間で何ができるか?を同時に考えています。それには今日1日をいかに有効かつ効率的に過ごすかという視点が必要で、その積み重ねが数年後には大きな差を生み出し結果に繋がっているのです。このような考えを持って行動しているので、朝目が覚めた時から無理なく自然と前向きに1日をスタートできます。

お酒を飲むにしても二日酔いになるまで飲みませんし、翌日に疲れを残すような1日の過ごし方をしません。朝起きて「は~今日も仕事か~」といった感覚はありませんし、通勤途中に眠ったりボーっとすることもありません。

また、1日を通して“自分が最も集中できる時間帯”というのを把握している共通点もあります。午前中、日中、夕方と自分の能力を最大限活かせる時間帯に合わせて1日のスケジュールを組み立てています。これも「時間を無駄にしたくない」「どうやったら効率よく時間を使えるか?」という前提があるからこの考え方に至るのです。

少し見方を変えると「自分で自分をノセる」ことが出来るのです。ダラダラと仕事はしませんし、集中力が低下していると感じたら一旦その場から離れて散歩をしたりストレッチをしてリフレッシュします。また、ランチ後は眠くなるからメールの返信など簡単な仕事に時間をつかいます。

残業に関しても「残業は悪だ!」とまではいかないにしても「残業している人は仕事ができない」という考え方はあります。だいたい残業している人は朝起きるのが遅く、出社もギリギリというケースが多いですし、残業する余力があるのは日中の仕事パフォーマンスが低いはずです。1日8時間以上の仕事をしても集中力がもつわけもないので、短時間で効率よくハイパフォーマンスできるよう集中して仕事をしています。

最も取り組みやすく且つ効率よく時間を使うために「朝起きて1時間は携帯電話やパソコンを見ない」という方法はオススメです。朝起きてからの1時間は最も集中できる時間帯なのにメールチェックをしたら「早く返信をしなければ」という心理が働き、集中を妨げてしまうからです。仕事をするつもりでパソコンを開いたのに気がついたらネットサーフィンしていた……なんてことも防げるので、緊急な用事でもない限り、朝起きて1時間は携帯電話やパソコンは見ない!というのをやってみると良いですよ。

成功している人の真似をするのが一番の近道ですし、有効的な時間のつかい方はお金もかからず誰でもできるので、是非やってみてくださいね。

成果にこだわる意識が高い

仕事で結果を出している人はみな、成果にこだわりを持っています。成果主義とまでは言いませんが「成果が出ないことはしない」という考え方が強いです。多くの人は「努力することが良いこと」と思っていますが、彼らはそうではありません。なぜなら努力には正しい努力と間違った努力があるからです。正しい努力は必ず成果がでますが、間違った努力の未来に得たい成果はありません。

例えばダイエットでありがちな間違った努力とは運動することです。太ったからダイエットしようとする人は多いですが、太った原因は運動不足ではなく120%食べ過ぎかお酒の飲み過ぎです。そもそもですが、運動不足で体重が増えるなんてことは物理的にありえません。もし運動不足になったとしたら筋肉が脂肪に変わるので、むしろ体重は減らないとおかしいです。ようするに太った原因は食べ過ぎ、飲み過ぎにあるのに運動をしても一時的な成果は得られるとしても確実にリバウンドするということです。成果にこだわる人はリバウンドするようなこと、費やした時間や努力、お金が無駄になるようなことを極端に嫌います。

ついでに言うなら簡単に「運動不足になった」という人がいますが、元々そんなに運動していたのでしょうか?3年間毎日のように10キロ走っていた人が走らなくなったのであれば運動不足と言えるでしょうけど、そんな人は運動不足になったと感じた瞬間からまた走り始めます。運動不足になったと言う人に限って元々運動をしていたケースは少ないです。

と、少し話がそれたので戻します。

もちろん成果に至るまでのプロセスも重要ですが、まず成果から逆算して行動することが大切です。成果を出せない人の思考は「今これをやっているから将来こうなる」ですが、成果を出せる人は「将来こうなるから今はこれをしよう」とトップダウン思考です。逆算することで成果を得るためのプロセスも正しい方向にむかいます。そしてその目標を常に意識することで成果へのプロセス自体もより良いものに改善できることを意識しています。こうした意識で仕事を進めていけば、成果に至るまでのプロセスにおいてもベストな選択ができるので、たとえ成果が自分の想定外でもきちんと反省して次の仕事につなげていくことが出来るのです。

やり過ぎないから楽しめる

ビジネスモードをON、プライベートモードをOFFと表現されることが多いですが、ビジネスで成功していて、人生を謳歌している人たちはONとOFFの境界線がなく、意識して切り替ることをしていません。「ONとOFFのギャップがあればあるほどエネルギーを浪費してしまうから」という方もいます。これは休み明けのビジネスマンのコンディション悪化の原因でよくあることと同じです。例えば平日は毎朝6時起床で24時就寝、休日は9時起床で2時就寝だったとすると、平日と休日で就寝起床時間にギャップがあるので体内時計が狂って休んだはずなのに朝起きて疲れが残っていて身体が重く、「仕事に行きたくない」と気持ちもネガティブになる。こういうケースを彼らは嫌うのでONとOFFの境界線を作らないようにしているのです。だけどビジネスもプライベートも楽しんでいる姿をよく見かけるのはなぜか?

その秘訣は“やり過ぎない”です。ビジネスも残業したりオーバーワークになることをしないし、プライベートでも夜遅くまで遊んだり、疲れきるまで遊んだりしません。なぜなら、やり過ぎは自分が望むことの反対の結果を産むからです。仕事量が多く、忙しくて手一杯の状態というのは何もしていないのと同じくらい非生産的です。人が集中してできる時間というのは限られているのでオーバーワークはしません。また食事やお酒も同じことが言えるのですが、お腹いっぱい食べると「食べ過ぎた」、二日酔いになると「飲み過ぎた」と後悔する。後悔するために食べたり飲んだりすることに時間とお金をかけるのはナンセンスで腹八分目が良いのも頷けます。

全力でやることとやり過ぎることをしないようにするためにも、彼らは自分の力量を分かっています。自分を客観視できているのですね。

また「量」や「数」や「回数」が増えてくると最初は良くても、いつしかそれが義務感となり重荷になります。当然、義務感でビジネスをしたり、プライベートタイムを過ごすなんてことは誰もがしたくないことですよね。やり過ぎないから楽しめるという矛盾にも似たような感覚を彼らは楽しんでいるのです。

「1日8時間以上は働かなくてはならない」「同僚がまだ仕事しているから残業する」「ランチタイムだから食べよう」「付き合いだから飲み会に行く」といったような義務感で行動するのではなく、成果から逆算して効率よくやる。

今回は「時間」「成果」「楽しむ」という3点にフォーカスしてお話しましたが、楽しむから良い時間を過ごせて成果が出るという視点の参考にしていただけたらと思います。

ダイエットアカデミー代表 上野 啓樹

http://dietacademy.co.jp/



無料で読めるメルマガも書いています。

【人生が変わるダイエットメルマガ 】

http://bit.ly/1iVgxRv