出る杭がいない? 育てればいいんです!(第3回) 【 全体最適を重んじる「出る杭」 】

 では、歓迎すべき「出る杭」とは、どのような人間なのか。

 古今東西、「出る杭」は、世の中の少数派であり、世の中の多数派は、「部分最適を重んじる人間」である。そこで、「出る杭」とは、それとは真逆の「全体最適を重んじる人間」であるとの仮説を置いてみる。

 すると、通常、真逆の考え方をする他人は、歓迎すべからざる人間であるから、世の中の多数派にとって、「出る杭」は、歓迎すべからざる人間であることになる。

 そして、「全体最適」とは、「集団全体にとって最良の状態」であり、ビジネスにおいては、企業が生む顧客価値が最大化されている状態である。

なぜなら、企業が生む顧客価値が最大化されている状態とは、企業が顧客から得る対価も最大化されている状態であり、対価の分配が公正であることを前提とすれば、これこそがビジネス・コミュニティー全体、すなわち顧客、企業、従業員、投資家、サプライヤーなどのビジネスに関わるステークホルダー(利害関係者)全てにとって最良の状態であるからだ。

 だから、「全体最適を重んじる人間」は、ビジネスにおいては、企業が生む顧客価値の最大化を狙うことになるが、世の中の多数派である「部分最適を重んじる人間」は、そうならない。「部分最適を重んじる人間」は、自分や自分の組織にとっての価値の最大化を狙うから、しばしば「全体最適を重んじる人間」にとって、組織の壁となる。

よって、「全体最適を重んじる人間」は、「部分最適を重んじる人間」たちの中で、「ウデと意欲に燃えながら、組織のカベに頭を打ちつけている有能な人材」となる。その組織のカベを乗り越えられれば、「個性豊かで自主自立の精神をもち、目標に向かって道を究め、グローバルに活躍できる人材」ともなる。うまく行けば、「世界大競争時代における日本の国際競争力を強化する人材」ともなるだろう。「破壊的な地球規模の価値創造を生み出す人材」にだってなるかもしれない。

 つまり、「出る杭」が「全体最適を重んじる人間」であるならば、「出る杭」は、かつてのソニー、今のパナソニック、折々の政府にとって、歓迎すべき人間であることになる。それに、「全体最適を重んじる人間」は、「部分最適を重んじる人間」にとっては「奇人」「変人」(中略)「火星人」であってもおかしくない。また、歓迎すべき「出る杭」を「全体最適を重んじる人間」とする仮説以上の仮説は、見当たらない。

 ならば、歓迎すべき「出る杭」とは「全体最適を重んじる人間」と言ってよさそうである。 従って本書では、「出る杭」とは歓迎すべき「出る杭」、すなわち「全体最適を重んじる人間」であると定義することにする。