出る杭がいない? 育てればいいんです!(第4回) 【 「出る杭」=「T字型人間」 】

 しかし、単に「出る杭」とは「全体最適を重んじる人間」であるとするだけでは、分かりづらい。

そう思いつつ、コンサルティング業界を見回してみて気が付いた。この業界の一部では、昔から「全体最適を重んじる人間」を「T字型人間(T-shaped person)」とし、「部分最適を重んじる人間」を「I字型人間(I-shaped person)」と呼んできた。日本でだけではない。グローバルに、である。

この考え方によれば、「T字型人間」の「T」の縦棒は「部分最適」を表し、横棒は「全体最適」を表す。「T字型人間」は、企業が生む顧客価値の最大化を狙って、社内の他部門や、社外の顧客、取引先などと連携する。

 一方、「I字型人間」の「I」は「部分最適」を表す。「I字型人間」は、企業が生む、自分や自分の部門にとっての価値の最大化を狙って、社内の他部門との連携もしない。そのため、「I字型人間」だらけの部門は、「縦割り組織」となる。

 ならば、「出る杭」は、グローバルな言い方をすれば「T字型人間」であることになる。そして、なにしろ「T字型人間」も「I字型人間」も、それぞれどのような人間かが視覚的に訴求できて分かりやすい。「T字型人間」」の「T」に「部分最適」を表す縦棒が残っているのも、人間臭くていい。「部分最適」を重んじることは、いわば人間の業(ごう)である。

それで、私は、「I字型人間」との対比の上で、「出る杭」とは「T字型人間」、すなわち「全体最適を重んじる人間」であると言ってきた。コンサルティング業界にも、少しはまともに使えるアイデアがあるのである。

 ただし、「全体最適を重んじる人間」を「T字型人間」、「部分最適を重んじる人間」を「I字型人間」とする考え方は、同じくコンサルティング業界発であろう、スペシャリストでもジェネラリストでもある者を「T字型人間」、スペシャリストのみである者を「I字型人間」とする考え方とは異なるものだ。後者の場合、縦棒が特定分野の深い知識、横棒が幅広い分野の浅い知識を表すが、ジェネラリストであるから「全体最適を重んじる人間」であるとは限らない。スペシャリストであるから「部分最適を重んじる人間」であるとは限らない。

 「出る杭」であるか否かは、知識の広狭・深浅だけで決まるものではまったくない。

 ちなみに、「杭」の形が「I」に似ているため、「出る杭」は「I字型人間」なのではないかとの指摘を受けることがある。しかし、そもそもアルファベットの「I」は「杭」を意味しない。「杭」が「I」に形的に似ていることは、「出る杭」の意味とは無関係とすべきだろう。

 それに、「出る杭は叩かれる」に相当する英語の諺にA tall tree catches much wind.(「高い木は多くの風を受ける」)があるように、「出る杭」の意味を誰もが「杭」で表すわけではない。まずは「出る杭」が何を意味するかを大切にしたいものである。



======================================

「本質」系イノベーション・セミナー(無料) 実施中

「本質」系イノベーション研修(旧称:出る杭研修)に触れつつ、イノベーションを起こすための根本とすべき考え方を「本質」ベースで概説します。

オンラインで45分、全国どこからでも手軽に参加できます。

是非、ご参加ください。

http://sospic.com/seminar/

======================================