最新の抗肥満薬の作用とは?

※この記事は、メールマガジン『-エビデンスによる最新ボディメイク-【博士のダイエット&バルクアップ研究所】』2014年9月19日発行号からの抜粋です。

http://www.mag2.com/m/0001493970.html

-----------------------------------------

以前の号でゼニカルやロルカセリンなど、抗肥満薬の作用と効果について解説しました。簡単にまとめると、ゼニカルは脂肪分解酵素であるリパーゼの作用を阻害し、脂肪の消化吸収を邪魔するというもの。ロルカセリンはセロトニン受容体の働きを高めることで満腹感を得られるようにし、食欲を抑制するというものです。



この続きを見るには

(2,057文字)

¥120(税込)

購入して続きを読む