年収1億の人がやらない「実は間違っている時間の使い方」7選~午堂登紀雄の「フリーキャピタリスト入門」

年収1億の人がやらない「実は間違っている時間の使い方」7選

先日「precious」というウェブメディアから取材を受け、その原稿をご紹介します。

年収1億の人がやらない「実は間違っている時間の使い方」7選

年収1億円の人たちは、忙しい中でどのように勉強し、どのように時間を過ごしているのでしょうか。『年収1億の勉強法 年収300万の勉強法』の著者に聞いたアドバイスをご紹介します。少し意識を変えるだけで、驚くほど時間を活用できるようになるはずです。

新しいことを始めたいと思ったとき、キャリアアップを考えたとき、「時間ができたら」「落ち着いてから」と先延ばししていませんか。それではいつまでたっても、前に進むことができません。

今回は『年収1億の勉強法 年収300万の勉強法』著者の午堂登紀雄氏から教えていただいた、「年収1億の人がやらない時間の使い方」をご紹介します。なんとなく過ごしていた時間の使い方を見直すことで、目標達成にグンと近づく助けとなってくれるはずです。

■年収1億円の人が「やらない」時間の使いかた

「まずは、年収1億円の方と、年収が高くない方が取っている傾向にある行動を比較してみます」(午堂さん)。

【年収1億円の方が取っている行動パターン】

・どうすればより効率化できるか、常に自分の行動を見直す

・他人をうまく使う

・せっかちなので行列を避ける

・時間は資産であることを認識している

・より稼ぐためにお金を使う

【年収が高くない方が取っている行動パターン】

・あまり日ごろの自分の行動を振り返ったり修正したりしない

・仕事を自分で抱え込む

・行列に並ぶことを厭わない

・時間が資産という意識が希薄

・暇つぶしのためにお金を使う

年収1億円の方は時間を資産と捉え、無駄な時間をできるだけ排除しているのがわかります。ここからはさらに詳しく「年収1億円の人がやらない時間の使いかた」を見ていきましょう。

■1:決まった時間に勉強する

この続きを見るには

(9,152文字)

¥360(税込)

購入して続きを読む