まずインフラ整備での貢献を~安倍首相のキューバ訪問(伊藤洋一)

まずインフラ整備での貢献を~安倍首相のキューバ訪問

キューバの数少ない高速道路の表示最高速度は100キロだ。日本のように高架でもないし、舗装が綺麗なわけでもない。片道3車線の右車線の隣を自転車が走っていたり、右車線を耕耘機がのろのろと進行していてもだ。

しかし何と言ってもキューバの高速道路で一番奇妙なのは、紙幣を握りしめ、それを「ちゃんとお金を持っていますよ。払いますよ」と見せびらかしている1人、時に2〜3人のヒッチハイカー達だ。といっても外国のバックパッカーではない。普通に職場に働きに行く、または隣町の親戚に会いに行きたい人々だ。私はそれを見て、「光景としてはバブル時代の日本の深夜の繁華街に似ている」と思った。しかしキューバの場合は違う。何もない高速道路のジャンクションに昼間、人々が並ぶのだ。こうした人々は10メートル置きくらいに並ぶ。その数はジャンクション当たり数十人。

笑えるのは観光バスなど一部の車両以外を警察が止めて、「座席が空いていると……

この続きを見るには

(2,152文字)

¥360(税込)

購入して続きを読む