書いて夢を引き寄せる~午堂登紀雄の「フリーキャピタリスト入門」

■経済的自由の実現手段

私の周囲で自由を実現している人は何をやっているかというと、

1、不動産投資(民泊や太陽光発電なども含む)

2、金融トレード(FXや株、仮想通貨)

3、アフィリエイト(せどり転売なども含む)

4、ネットワークビジネス

5、高額セミナー開催(高額コンサルも含む)

6、会員制ビジネス(オンラインサロンなどを含む)

7、情報商材販売

などがあります。

5と6は何らかの分野で成果を出しておくことが必要です。たとえばトレードで儲かったからそのテクニックを5や6や7で披露する、というものです。

しかし、さほど成果がなくても「共感」「ケア」ができる人なら可能です。たとえば「恋愛」「結婚」「離婚」などのカウンセリング。あるいは「占い」など根拠がなくてもできるもの。

4は自分の子飼い(系列)のディストリビューターを育てるまでが大変ですが、人が増えれば収益が増えます。上記のほとんどは、自由とはいえやはり1日数時間の労働が必要。でも4で成功している人はほぼ無労働です。これは他のビジネスでも同じく、たとえば飲食店でも、店舗数を増やせば店長に任せられ、自由になる、といったもの。しかしこれが大変なんですよね。。。

上記の中で個人の能力があまり必要とされないのが1と3と7です。頭の良さとかではなく、どちらかというと根気でしょうか。なので私も1をメインにしています。(ただし、融資を引っ張るには自分の属性を良く見せる必要があります)それでうまくいけば、そのノウハウを5や6や7という形で提供すすることができます。

7が実績なくてもできる理由は、他人の情報商材を買い、それをアレンジして自分の商品として販売することができるからです。(ただし丸パクリは著作権侵害にあたり、それで炎上して消えていった人は少なくなかったそうです)妻がテレビ出演したとき知り合った人なのですが、7で成功して世界中を旅している夫婦がいるそうです。

私はご存知の通り不動産投資からスタートし、それでセミナーを開催しました。(高額ではないですが)不動産投資で成功し、本を出し、仲介業に進出したりセミナーや執筆もしているという人はわりと多く、このあたりは成功の再現性が高い手段と言えそうです。

その反面、新しく出てくる不動産投資本は、どれも内容がほぼ同じになってしまうのですが。。。(最近では地方郊外で放置されている古家をタダ同然で仕入れ、リフォームして転売するという本もありました)

2で成果が出ている頃は、FXセミナーをやっていました(これは1万5千円と比較的高め)。今は成果が出ていないので停止中。が、トルコリラで復活できた際には、またやろうかと(笑)

3は面倒なので停止中。せどりもやったことがありますが、荷造り発送作業が面倒。ただし、たとえばアマゾンフルフィルメントサービス(アマゾンの倉庫に商品を送り、発送を代行してもらえるサービス)を利用するという方法もあります。価格差発見ツールを使い、アマゾンよりも楽天やヤフーショッピングなど他のECサイトのほうが値段が安い商品を購入しそれをアマゾンに出品、その差の利益を得るという方法です。ほかにも、米国アマゾンと英国アマゾンとの価格差を利用するとか、いろいろ方法はあるようです。

4は、私は人を育てるというのが面倒なので向いていない。

5は集客が大変だしクレームも多いので、やはりリーズナブルな価格設定にしたい。

6は会員サポートが面倒。

7はクレームが多いし、いまは電子書籍がある。

というわけなのですが、それは私個人の問題であって、自分には向いているとか得意という人もいると思います。

飲食店や仕入れ販売、モノづくりなど、本格的起業以外の手段で経済的自由を目指している人は、これらの可能性を探ってみてはいかがでしょうか。

書くことの重要性

この続きを見るには

(7,743文字)

¥360(税込)

購入して続きを読む