【MBの"超"思考】自分を知ること。人生において本当に大切なこと。

自分を知ること

人の行動の90%以上が無意識によって引き起こされています。

例えば・・・「呼吸をする」などはもちろん、「呼ばれて返事をする」こともそうですし、「殴られて怒る」などもそうです。人は自分の意思決定を全て「コントロールできている意識化」によって行なっていると勘違いしています。しかし事実はそうではありません、人の意思決定・行動の90%は無意識によって為されているものなのです。

無意識とは一体なんでしょうか。それはあなたが今まで生きてきた環境・人生の中で得た経験・知識・社会的な常識や慣習などによって構成されています。またそれらに基づいて自動的に意思決定が行われているのです。今この瞬間も、この文章を読むか読まないか、理解するかしないか、受け入れるか入れないかもほとんど全て無意識によって意思決定が行われています。

そうして無意識が意思決定のほぼ全てを管理しているからこそ、あなたの「人生」も無意識により知らず知らずのうち形作る様に行動させられているのです。

どうしても仕事がうまくいかない。どうしても給料が上がらない。どうしても出世につながらない。そんなふうに人生を嘆く人は少ないですが・・・実はそれも「無意識で望んでいるからこそ表出している結果」なのです。

「出世してお金を稼いで良い暮らしをしたい!!」と表面上の意識では認識できたとしても、深層心理の無意識においては「そんなことよりも毎日の余暇を作って、裕福でなくとも自由にきままにのんびり暮らしたい」と思っているのかもしれません。だからこそ仕事に繋がる努力がままならないのかもしれません。



私の知人の女性は「バリバリ働く女性になりたい!!」「一人でお金を稼ぐ格好良い女性になりたい!!」と九州から上京し頑張っています。しかし仕事を変えても、地方から東京に行っても、働き方を変えても、住む土地を変えても・・・いつまでも上手くいかない。彼女は自分の理想と現実のギャップに悩んでいましたが、ある時彼女と話をしていて私は気がついてしまいました。「彼女は無意識の中で、仕事が成功することを望んでいないのだ」と。

この続きを見るには

(5,054文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む