変化に敏感になると“なぜ売り伸ばせる”のか? ネットスーパーに学ぶ仮説と検証の手法

こんにちは!

売れる仕組み創造ラボ、所長の理央です。

今号の特集は、「変化に敏感になると“なぜ売り伸ばせる”のか?ネットスーパーに学ぶ仮説と検証の手法」です。

ネットスーパーで意外なものが売れているそうです。

こういう時こそ売れるチャンス。

仮説をどう売り伸ばしに役立てるか、について学んでください。

■目次

… 1.今週の特集

「変化に敏感になると“なぜ売り伸ばせる”のか?ネットスーパーに学ぶ仮説と検証の手法」

… 2.ビジネスコラム

「ウエルシアの取り組みに学ぶ顧客価値の上げ方」

… 3.著作・イベントのお知らせ

… 4.編集後記

第1特集

【変化に敏感になると“なぜ売り伸ばせる”のか?ネットスーパーに学ぶ仮説と検証の手法】

ネットスーパーが頑張っています。

巣篭もり需要がひと段落しても、新しくネット様々なものを買うようになった人たちが、これまではスーパーマーケットで買うような、生鮮食品などを買うようになりました。

それにともなって、食材などを扱うネットスーパーの需要が増えています。

そんな中で、先日日経MJに、面白い記事が載っていました。

それは、想定していたものとは違う商品が売れている、ということだそうです。

もともとは、ネットで家まで届けてもらうのであれば、運ぶのが面倒な米や水などの、“重いもの”が売れるだろう、と考えていたそうです。

ところが蓋を開けてみると、意外と肉や魚、野菜などの生鮮食品が売れている、ということでした。

私も料理をするのですが、歩いて10分くらいのところにスーパーがあるので、通販で食材を買ったことはほとんどありません。

生鮮食品が売れるという傾向については、地方のスーパー、記事には北関東のベイシアや、愛知県のバローの例が載っていました。

これはアマゾンなど大手のネット通販の会社が、スーパー用にプラットフォーム=場所を提供して、そこでスーパー各社が店を出して売れるようにしました。

自社でECやそのための流通網を用意しなくても、ネットで売りやすい環境が整ってきたため、イオンなどの大手でなくても、アマゾンを活用すればできるようになったのです。

考えてみれば、こういったスーパーは、40代くらいの子育て世代が多いと想定できます。

かれらは、仕事の帰りなどに、毎日の食材を買いに行く時間を節約したい、と考えることも多いため、生鮮食品などが売れるのでしょう。

アマゾンの中にある、バローのネットショップを見てみると、「1時間単位で時間指定ができるようになりました」と書いてあり、便利さを訴求しています。

また、お買い得セールの告知や、プライベートブランドなども揃っていて、お値打ちさもわかるようになっています。

私もリアル店舗によく買いに行くのでわかりますが、ECでの値段も、リアルの他のスーパーと、あまり変わらないくらいです。

マーケティングをしていると、このような「想定外」はよくあります。

想定外に売れない時は、みんな必死になって改善しようとするのですが、想定以上に売れるときこそ、「なぜ売れたのだろう」と、理由を深堀りしていくことが大事です。

この場合だと、子育て世代に売れているので、その層が欲しくなるもの、たとえばお弁当のおかずに後1品足せるような、冷凍食品や惣菜などを加えていくと、売り伸ばせるでしょう。

この続きを見るには

(2,601文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む