【MBの"超"思考】「基準」をたった一つ変えるだけで、「人生」は大きく変わる。





▼「情報商材」にハマるのは「自信の無さ」の裏返し

先日たまたま「情報商材」「ネットビジネス」にどっぷりハマっている方とお話する機会がありました。情報商材やネットビジネスを知らない人のために少し解説しましょう。いわゆる一般的な「情報商材」とはネット上で稼ぎ方・儲け方などを解説したファイル販売のこと。その手法はせどり(お店ごとの価格差を利用する転売商法のこと)、FXなどの投資、アフィリエイト(成果報酬型広告モデル)、もしくはMLM(マルチ商法)やネズミ講など多岐に渡ります。

「誰でも稼げます」

「私の言う通りにすれば誰でも儲かります」

「すぐに・簡単に・確実に・誰でもできます」

などなど物質的な欲求を刺激するセールストークが情報商材の特徴。

「情報商材」という言葉の定義は単に「テキストや動画などの情報をネット上で販売すること」ですから、上に当てはまらないものも多々あります。怪しげなものではなく例えば「犬のしつけ方法」や「英会話教材」など真っ当で役立つものも少なからずありますが・・・あくまで情報商材全体のイメージはやや「うさんくさい」ものでしょう。「情報商材」で検索をかければ大まかな概要はすぐに理解できるはずです。

私は別に情報商材を否定しません。実現性の低い詐欺的な情報を掲載しているものも多いでしょうが、中には有用な真実を書いたものもあるでしょう。もちろん本連載を読んでいれば分かる通り、私は「お金を稼ぐ」ということを目的にしていませんし、そうした生き方が逆にお金を遠ざけてしまいかねないことも知っています。そういった意味で情報商材で「大義を無視して稼ぐ方法のみを得ようとする態度」は結果的に失敗することが多いわけですが・・・だからといって別に否定することもありません。そこから学びを得て、人生を好転させる人もいるでしょう。頭ごなしにいけないとは思っていません。

しかしながら情報商材に手をだす多くの人が「手軽で誰でもできそうだから」という点で興味を持ってしまいます。そしてその背景には「自信の無さ」が見え隠れするのです。



▼自身の無さが「裏技」を求めようとする

私がお会いしたその方はもう5年ほど情報商材の世界を追いかけている方でした。色々な商材を買い読み漁り、高額なビジネス塾などに登録し、「お金を稼ぐ方法」を長く模索されていました。しかし「ネットビジネスの失敗率は95%以上」「月5000円以上稼ぐ人は全体の5%未満」などと昔から言われている様ですが・・・その方も例に漏れず、本業であるサラリーマン以外の余暇時間をあてて一生懸命副業としてネットビジネスを追いかけているにもかかわらず、月数万円しか得ることが出来ていないとのことでした。

私の知らない世界なので興味本意で色々なことを聞いてみました。その方がどんなことをやっているのかというと・・・「裏技」の様なものばかりでした。

例えばYoutubeで誰しも一度は見かけたことがあるでしょう「ニュースを字幕にして流すだけの動画」など。Youtubeは視聴回数で広告収入を得られるモデルがあります。そこでまずニュースサイトなどからネタを拾い、静止画にニュース本文の字幕を流す動画形式に整える。動画のタイトルにニュースのキーワードを入れます。例えば「芸能人〇〇の不倫疑惑」「スポーツ選手〇〇が麻薬逮捕」など人々の関心を引くものです。ニュースとはそもそも注目度が高いものですから、それを動画形式にすればYoutube上の検索需要で視聴回数を稼ぐことができます。視聴回数が回ればその分報酬を得ることができるため副業としてのお小遣い稼ぎが可能・・・という算段ですね。

「ニュースを動画化する」という一見合理的な手法の様に感じますが、結果は今ひとつの様です。手順さえ覚えてしまえば誰でも簡単に出来ることなのでそうした動画が乱立してしまい、時間が経つほど一人当たりの利益が減ってしまうこと。またユーザーは「容疑者の顔が見たい」「芸能人の釈明会見が見たい」など本来的な意味での「動画」を望んで検索しているのに、ただ単に字幕が流れるだけのものを見させられては無価値に感じてしまうでしょう(そもそも情報を得るならわざわざ動画で見るより文字の方が早いし効率的です)。ユーザーに利益がない「裏技」だからこそ、そういった「字幕動画」を見ない様に動くわけで、徐々に視聴回数が取れなくなるのは明白です。またユーザーにとって不利益なものを提供することは大元であるYoutube運営側が許さないでしょうから、検索ロジックが変更されて表示順位を落とされたり、何らかの形で規制をくらったりする可能性も高いはずです。なにせ「本筋」ではない「裏技」ですからね・・・いつの時代も「裏技」は規制されていくものです。

しかしその方はそうした「裏技」をとにかく求めようとします。動画・投資・アフィリエイト・仮想通貨・・・。今までやったこと、これからやろうとしていること・・・どの話を聞いても「ネット上で誰でも簡単に出来る、仕組みの穴をついた裏技」ばかりでした。私は批判するでもなく、何故そうした裏技ばかりを追いかけるのか不思議でした。しかし話しているうちに気がついたのです、その方は徹底的に「自分に自信がなかった」のです。



▼稼ぎたいのに稼げない皮肉

この続きを見るには

(6,770文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む