【MBの"超"思考】賢い人は仕事に行かない?働かない?

▼▼▼本日のメニュー▼▼▼

1.明日から使えるビジネスメソッド-時間編-

MB的時間管理法

 その1.「時間の棚卸し」をする

 その2.「時間をデフラグする」

 その3.「脳みそを集中させる」

 その4.「社長とアルバイトは何が違うのか?」

 その5.「埋没資産を有効活用する」

2.:Q&A募集のお知らせ





時間管理に関するビジネスメソッド5つ

人は誰しも「大きな資産」を持っています。

「資産」と聞くと真っ先にお金や土地などが頭を過ぎるでしょうが無職のニートであっても持っている資産が一つあります。それは「時間」です。「時は金なりtime is money」なんて言葉がありますがとんでもない、お金よりも時間の方がずっと大事です。後述しますがお金は時間さえあればいくらでも生み出せるものです、しかし時間はどんなお金持ちでもどんな貧しい人でも等しく毎分毎秒刻々と消費していくものです。

さらに言えば「人生」を細分化した単位は「時間」です。時間の積み重ねで人生が形成されているのです。時間がなければお金を稼ぐことも使うこともできない、幸せを感じることもできない。人間にとって人生にとって最も重要な資産は「時間」であり、またそれは等しく誰もに与えられているものなのです。

そしてこの時間という資産の使い方で人生の幸福度は決まります。

多くの成功者が成功者足り得たのかは「時間の使い方」が他人と違ったからです。周りの人と同じくらい勉強して、周りの人と同じくらい働いて、周りの人と同じくらい怠けていたのでは成功者にはなりません。時間をいかに他の人と違う使い方をしたかが、結果を大きく分かつことになるのです。

そして多くの人は多くの資産を埋没させています。振り返るべきはここです。

「お金を貯めるためには家計簿をつけてお金の収支を把握せよ」

なんてよく貯蓄法の本に書いてありますが、これと同じことです。成功するためには、自分の人生を自分の望む通りに動かすためには、上述の通り「時間の使い方」がポイントなのです。であるならば「お金の収支」よりも「時間の収支」を考えた方が良いでしょう。

まず自分の資産の使い方を洗い出してみて、いかに自分が資産を埋没させているか認識してみてください。以下時間という資産の有効活用法を解説します。明日から実践して自分の資産を有効活用させてみてください。

この続きを見るには

(7,823文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む