洋服の青山のブランド戦略に学ぶ、 ブランド構築のステップ

こんにちは!

売れる仕組み創造ラボ、所長の理央です。

今号の特集は、「洋服の青山のブランド戦略に学ぶ、ブランド構築のステップ」です。

需要が下がっているスーツ業界で、青山がどんな戦略を打ち、どう売り伸ばしていくのか?

ブランドを構築するために、イメージ戦略以外にすべき重要なことは何か?

についてのヒントを、この記事から見つけてください。

■目次

… 1.今週の特集

「洋服の青山のブランド戦略に学ぶ、ブランド構築のステップ」

… 2.ビジネスコラム(1)

「ゼンショーの謎のコンビニ〜その狙いは?」

… 2.ビジネスコラム(2)

「コカコーラのマイボトル自販機」

… 3.著作・イベントのお知らせ

… 4.編集後記



第1特集【洋服の青山のブランド戦略に学ぶ、ブランド構築のステップ】

スーツの業界各社が頑張っています。

コロナ禍で在宅ワークが増え、対面での営業や仕事が減ったこともあって、スーツの需要が以前よりも減り、業界としては苦戦しています。

さらに、ユニクロやワークマンといった、これまではスーツに力を入れてこなかった、アパレル各社も、カジュアルなスーツやジャケットを、販売しはじめています。

私も持っていますが、ジャージ素材の、ジャケットやスーツも流行っています。

結構使い勝手が良くて、ちょっとした打ち合わせにも着ていけますし、ZOOMなどでの打ち合わせで、シャツの上に羽織って出席することもできるので、汎用性が高いアイテム、ということがいえます。

このコロナ禍で、スーツやジャケットに対する、ビジネス服としてこれまでの常識が変わりました。

べつな表現で言うとすれば、仕事着というカテゴリーの幅が、とても広くなってきています。

そんな中で、スーツの大手各社も、頑張って自社の特徴を出した、さまざまな打ち手を売っています。

アオキは、スーツ中心から、カジュアル路線を強化していて、今流行りのパジャマスーツを販売しています。

ホームページによると、「パジャマ以上、おしゃれ着未満」というコンセプトで、お値打ちですが、遊びや仕事、旅行など、色々なシチュエーションで着ることができる、万能タイプのバリエーションを揃えています。

スーツのはるやまも、カジュアル路線を狙っています。

やはり、オンとオフの境目がなくし、今までよりも、仕事着をよりお得に買いたい、という市場が伸びる、との判断でしょう。

そんな中で、大手の洋服の青山は、オーダースーツを強化する、という戦略に出ています。

今まではこの業界はどちらかといえば、既製品のスーツをたくさん作り、お値打ちに売るという、コストリーダーシップの戦略をとっていました。

アオキやはるやまが、カジュアルにシフトし、この路線の延長でいく中、洋服の青山は既製品を縮小して、少し値段が高くなりますが、ユーザーのニーズごとにカスタマイズできる、オーダースーツを強化するという、差別化戦略に出たのです。

私もたまにオーダーをするのですが、私は背も高くなく、腕も若干短めなので、袖の長さとか、肩幅がぴったりするオーダーが、専門店よりもお値打ちに作れる、となると行ってみたい気になります。

先日も、青山は、オーダースーツの老舗の、麻布テーラーを買収しました。

日経MJによると、青山の自社内にも、「シタテ」というオーダースーツのブランドはありますが、麻布テーラーの知名度と実績によるイメージを生かし、当面は麻布テーラーのブランド名は残して、事業を行うということです。

洋服の青山は、全国に店舗があります。

人流が戻りスーツやジャケットの需要が出てきた時に、「ちょっとくらい高くてもいいので、自分の好みのものが欲しい」

「ぴったりマッチしたものがいい」

という人たちをターゲットにするのでしょう。

コロナ禍の中で「自分を見つめ直す」機会が増えました。

なので、コロナがもう少し落ちついて、外出できるようになると、「自分が欲しいもの」を求める人に受けそうです。

業界内の多くの企業が、安く多く売ろうとしている中、青山は逆に「付加価値」をつけて、売ろうとしているのです。

薄利多売から、差別化に持っていくこの戦略が、上手くいくかどうかは、付加価値の付け方にかかっています。

付加価値は、そのままブランドに直結します。

ブランドを構築するということは、知名度やイメージを上げることだけでなく、品質への信頼感や、機能性への安心感、ターゲット層が「これは自分のマッチしたブランドだ」

と感じるアソシエーションという「連想度」を、高めていくことが必要です。

この続きを見るには

(3,458文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む