なぜ、この時期に男性用化粧品が伸びたのか? 売り物を買えずに売り先を買えて売り伸ばすには

こんにちは!

売れる仕組み創造ラボ、所長の理央です。

今号の特集は、「なぜ、この時期に男性用化粧品が伸びたのか?売り物を買えずに売り先を買えて売り伸ばすには」です。

コロナによって、大きく変わってしまったビジネス。

でも、そんな中にもチャンスはあるはずです。

今号では、変化を見逃さずに、逆にものにするには何をすればいいのか、について、男性化粧品の事例から考えていきます。

それでは最後まで読んでください。

■目次

… 1.第1特集:マーケティング・ラボ

「なぜ、この時期に男性用化粧品が伸びたのか?売り物を買えずに売り先を買えて売り伸ばすには」

… 2.ビジネスコラム:

「カモメになったペンギン」〜おすすめのビジネス書

… 3.著作・イベントのお知らせ

… 4.編集後記

第1特集

【なぜ、この時期に男性用化粧品が伸びたのか?売り物を買えずに売り先を買えて売り伸ばすには】

コロナ禍での新常態の中で、売れ筋商品も変わってきています。

同時に、既存の商品が今までとは異なる層に、購入される、ということも見受けらます。

その意味で、今男性用化粧品の売り上げが伸びています。

調査会社のインテージのデータによると、2020年の化粧品の市場規模の全体では、外出が制限されていたこと、メイク用の化粧品が不振だったこともあり、前年比89%と縮小しました。

この中で、男性の購入による市場規模を見てみると、前年比104%と拡大しています。

これを、2016年からの5年間でみると、111%に伸びているので、約1割の伸びです。

商品別に見てみると、「基礎化粧品」が前年比107%、とのことです。

私も人前に出ることが多いため、以前から基礎化粧品、たとえば、スキンローションや、乳液などを使っていて、朝、顔を洗ったあとと、寝る前につけています。

増えた理由は、やはりオンライン会議や、リモート営業などで、画面写りをよくしたい、というビジネスマンが増えたこと。

パソコンやスマホのカメラの機能も上がり、毛穴くらいまで写りそうなので、肌を気にする男性も増えているのでしょう。

一方で、外出減のため減っているのは、「シェービング」系の化粧品とのこと。

前年比93%だそうで、シェービングクリームや、プレシェーブローションなどです。

確かに家で仕事をするという場合、会議などがない限り、髭を剃る必要もないと考える人が大半でしょう。

年代別に見ると、35~69歳の男性では、男性用基礎化粧品の購入金額は、2020年に上昇したそうなのですが、購入率は伸び止まりを示しているそうです。

やはり、若年層の男性の方が、女性用の基礎化粧品を買う場合が多く、10代では65%、20代では51%とかなり高い数字です。

特に1990年台後半以降に生まれた、「Z世代」と呼ばれる若者層は、化粧品に対する意識も高いようで、1カ月当たりに使う費用も、全世代の男性の平均に比べると、

2割近く高いそうです。

買う理由も、他の世代と違っていて、日経新聞によると、「身だしなみのため」というよりも、「自分らしさを表現したい」という気持ちが強いそうです。

なので、先程の基礎化粧品に加えて、アイシャドーなどのメーク用品の利用も、広がっています。

やはりこの世代の多くは、YouTubeやティックトック、インスタグラムなどのSNSをやっているので、自分らしさを出したいとか、「映えたい」という意識が強いのでしょう。

この続きを見るには

(3,808文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む