[ビジネス発想源 Special] 028:プレスリリースを送るならば、タイミングを間違ってはいけない

マスコミに取り上げてもらいたいからとプレスリリースを送っても、そのタイミングを間違ってしまったら全く意味がない。プレスリリースを送ろうと考える経営者やマーケティング担当者には、このような失敗をしてしまうケースが多い。

マスコミにたくさん取り上げてもらうためには、どのようなPRの意識が必要なのでしょうか。

「まぐまぐ大賞2016」のビジネス部門2位に選ばれたメールマガジン『ビジネス発想源 Special』のバックナンバーシリーズがmineに登場!これまでに読者の皆さんからの反響の良かった過去の発想源を、どしどし公開していきます。

経営改革のヒント、PRマーケティング戦略のヒント、経営力・企画力・発想力向上のヒントが毎回を次々にご提供。経営者、マーケティング担当者、クリエイターの皆さん、ぜひぜひ参考にして下さい。

『ビジネス発想源 Special』<目次>

●「今週の発想源」028:(2346)

〜多くの経営者やマーケティング担当者がマスコミにプレスリリースを送ろうとして失敗してしまう理由の大半が、タイミング間違い。PRの要諦を間違ってしまうと、このように意味のないプレスリリースを送ってしまう!

●「今週のフェイバリット発想源」

〜この地域では知らない人はいないと言えるほど有名なお菓子。筆者も東京のアンテナショップで見つけたら必ず買ってしまうほど大好物。

●「今週のQ&A発想源」

●「風景紀行」(完全書き下ろし)

〜区全体にわたる一大プロジェクトは、この駅前の何気ない一つのモニュメントから始まった!

この続きを見るには

(13,040文字)

¥200(税込)

購入して続きを読む