むくみを取り、腎臓を保護してくれる身近なハーブ

※この記事は、メールマガジン『-エビデンスによる最新ボディメイク-【博士のダイエット&バルクアップ研究所】』2014年6月6日発行号からの抜粋です。

http://www.mag2.com/m/0001493970.html

-----------------------------------------

ダイエットも順調に進み、体脂肪は明らかに減ってきている。でもなかなかウェストサイズが減らない。

このような場合、脂肪細胞は小さくなっているのですが、細胞の隙間に水が入り込んでいるため、全体的な体積が変わっていないのです。時間とともに水が抜けてくると、自然とサイズも減ってきます。

このような場合は、その部位をつまんでみると、すぐにわかります。脂肪細胞がギチギチに詰まっているときは、つまむと固く感じられます。しかし減量が進んで隙間に水が入り込んできた状態になると、そこをつまむとフニャフニャに感じられます。



この続きを見るには

(1,791文字)

¥120(税込)

購入して続きを読む