Vol.108 これで僕は怒り、イライラ、焦り、不安を消しました~●●は僕の性格を変えた。性格の変化は僕の人生を変えた~



1. 人生を「大変なことだらけ」にしないために

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

先日メルマガ読者さんから「上野さんご本人の変化についてもっと知りたい。」という声をいただきましたので、今日はそのお話しを。

そんなの興味ない!って言わないでくださいね(笑)

僕の変化で最も大きなことは、性格が変わったことです。

身体は15キロのダイエットに成功し、便秘や肌荒れ、腰痛、慢性的な疲労がなくなりましたが、それ以上に性格が変わりました。

・怒らなくなった

・イライラしなくなった

・焦らなくなった

・不安を抱かなくなった

ざっと挙げてもこれだけあります。

以前は怒りやすく、イライラすることが多く、必要以上に不安や焦りがありました。

ほんの一例ですが、サッカーの試合中に相手を殴って退場になったことがありますし、将来の事を考えるといつも不安になっていました。

大事な用事がある前日は「明日雨が降るかな~」と気になって熟睡できないこともしょっちゅうでしたし、電車でお年寄りに席を譲らない人を見たら「オイ!そこどけ!」とケンカ腰で言うこともありました。

(今思えば危ない奴です)

何か嫌なこと、悪いことがあれば誰か(何か)のせいや環境のせいにしたり、相手を攻撃することもしばしば・・・・・・

それが、今では怒ることも不安や焦りもなくなりました。

カラダも夏は体脂肪10%ぐらいにしますし、冬は寒いので15%まで上げます。

ダイエットやコンディショニングは「大変なこと」でもなんでもなくなりました。

ダイエットやコンディショニングだけでなく、生活全般において、「大変だ」「非常事態だ」と感じることがどんどん減っていきました。

特に両親や兄弟、学生時代の友人、30歳までの僕しか知らない人はその変化を顕著に感じています。

久しぶりに会う友人からは

「え~あの啓樹が?!人にものを教えているの?起業しているの?本書いているの?怒らないの?」

って必ず言われます。

食べるもの、飲むものによって人は変わるといいますが、それを自分自身で体現したことが一番大きな変化です。

それまでの僕は肉をたくさん食べていましたし、油ものに甘い物、ジャンクフード、コンビニ食、ペプシコーラにスナック菓子を日常的に食べたり、飲んだりしていました。

ん~書いていて気持ちが悪くなってきました(笑)

食べるという字は分解すると〝人を良くする”と書きますよね。

正確には良くも悪くもするのです。

僕は食事で人生が変わった。

決して楽ではないですが、正しい考え方とやり方を学べば、10キロ減らすことも、10キロ増やすことも、自分で自在にコントロールできるようになります。

それを多くの人に伝えていきたい!

そう思ってこの仕事をしています。

答えになっているでしょうか?

少しでも参考になれば嬉しいです。



2.自分の集中力が最も高まる時間帯を把握していますか?

人は、自分のことは自分で動かしていると考えています。

===========================

【今週の目次】

1.人生を「大変なことだらけ」にしないために

2.自分の集中力が最も高まる時間帯を把握していますか?

===========================

この続きを見るには

(1,641文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む