女王様のご生還 VOL.135 中村うさぎ

以前、このコラムで「ファンの期待に応える義務はない」旨を書いた。

それは「期待に応えようとして自分が自分でいられなくなること」が怖いからである。



どんな人間にも「人から嫌われたくない」「他人の期待に応えたい」という願望は必ずあると思う。

それは人間が「社会」という高度な群れを作る生き物だからだ。

他人に嫌われたり失望させたりすることは、社会の中で居場所を失くすことに繋がる。

人間にとってそれはとても恐ろしいことだ。

我々は物心ついた頃から「家族」や「学校」や「地域」といった小さな社会の中で生きる訓練を受け、そこからハブられる不安と孤独を叩きこまれる。



確かに子どもの頃は、家族も学校も、自分の意志で逃げ出せない閉鎖的で小さな世界だ。

だから、そこに居場所を失くすことには大きなリスクがある。

しかし我々は大人になって、もっと広くて多様性に満ちた大きな世界を知る。

凝り固まった価値観の中で生きる必要はなく、今まで知らなかった視点や世界観をどんどん吸収して、自分が一番しっくりくるものを選べばいいのだと気づくのだ。



そうなると、これまで周りの顔色を窺ってビクビクしてた自分がアホらしくなる。

価値観を異にする人々があなたを否定的に見るのは仕方ない。

そんな人たちにまで受け入れられようとか気に入られようとか願ったら、自分が何を考えどう感じればいいのかわからなくなる。

つまり、自分を失くしてしまうのだ。



私は協調性のない人間だが、協調性を重んじて自分の意見や個性を抑えて生きる人々を間違っているとは思わない。

それはそれで、ひとつの処世術だ。

私にはない処世術なので、うまくやれる人を見ていると羨ましくさえある。

ただ私にはそのスキルがないので、私は私なりの生き方を選択するしかない。

そこで私は「人から嫌われたくない」「他人の期待に応えたい」という願望を捨てることにした。

もちろんそれなりの痛みは伴うが、自分にとって一番居心地のいい方法は、人に好かれることより自分のやりたいようにやれることだと判断したからだ。

私には、そっちの方が大事なのだ。



人生は「選択」であるから、何かを選べば何かを失う。

それはもう、どうしようもないことだ。

他人の意向より自分の意志を優先するのであれば、嫌われたり反感を持たれたりがっかりされることも覚悟の上でなければならない。

逆に、人から好かれたり肯定されたり承認されたりすることが大事なら、自分の言いたいことややりたいことをある程度諦める必要がある。

それを選んだならば不平不満やストレスが溜まるのは当然のことで、その結果、「私には居場所がない」という愚痴になる。

この続きを見るには

(1,071文字)

¥250(税込)

購入して続きを読む