Vol.131 「思い込み」という生活習慣病~間違った思い込みが、人生や健康を悪化させている~

1.本能は間違わない。思い込みが間違うのだ

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

ほとんどの大人は「間違った思い込み」を持っているって知っていました?

大人と限定したのには理由があって、子ども、特に赤ちゃんには思い込みがまったくありません。

赤ちゃんは自分の気持ちに素直で、欲しいものは要求し、いらないものは拒否します。

何か気に入らないことがあるときは、泣いたり怒ったりして、すぐに周りに知らせます。

そうやって、赤ちゃんは「ありのままの自分」をあらわにした状態で、自分の思うままに自分らしい人生を生きています。

僕はたまに思います。

―赤ちゃんこそ完ぺきな人間なのではないか―

てね。

だって、ココロで望んでいることと、行動が常に一致しているんですよ。

笑いたいときに笑い、泣きたいときに泣き、どこでもウンコする……。

「本能は間違わない。理性が間違うのだ」

という言葉がありますが、本能=「ありのまま」という視点から見たら赤ちゃんはもう完璧です!

ところが!

赤ちゃんから子どもへと成長するにつれて、自分が望むような行動ではなく、周囲に気を遣いながら行動したり、発言をしたりして「周りに合わせた自分」を作り上げるようになります。

たとえば、「大人に怒られるようなことは避ける」とか「親に気に入られるよう行動する」とかね。

そうすることで

「ありのままの自分でいてはダメ!」

「親や周りの人の期待に応えなければならない!」

「大人の望む良い子でいなければならない!」

と思い込んでしまうのです。

怖いですね~。

さらに怖いのは、子どものときに身につけた思い込みは大人になってさらに深化することです。

深化していくことで単なる思い込みが「間違った思い込み」になっていきます。

・私は愛されていない

・私は成功できない

・私はモテない

・私は本音を言ってはいけない

・私はダメな人間だ

チョット待った!

それは間違った思い込みやで!と僕は言いたい。

しかし、このように間違った思い込みがその人の行動や思考に制限をかけ、望む人生から遠ざかっていく。

そういう残念な人を僕はたくさん見てきました。

ん~僕ならそういう人を変えてあげられるのにな~とか思うのですが……。

ダイエットについても間違った思い込みをしている人は多いです。

ダイエットは

・キツイ、ツライ、過酷だ!

・食事制限をしなければならない!

・運動をしなければならない!

・サプリメントを飲むと痩せる!

・プロテインを飲んだら筋肉がつく!

仕事でも

・一生懸命働かなければならない

・先輩や上司が残業しているから残業しなければならない

・夜遅くまで仕事することが良いことだ

・失敗することは良くないことだ

他にも人間関係やお金、行動、思考、人生についても間違った思い込みを抱いている人はたくさんいます。

あなたはどうですか?

実は、自分が間違った思い込みをしているということに気づいていないケースがよくあります。

なぜなら人は

「間違いたくない生き物」

だからです。

間違った思い込みという鎖から抜け出せると、自分が望む人生を歩むことができます。

そのためには、まずは自分が「どんな間違った思い込みをしているか?」を知る必要があります。

気づく必要があります。

気づくことさえできたら、どんなことも必ずゴールできますよ。



2.燃えなくなったら……

街中でサボリーマンを見ると昔の自分を思い出します。

僕もサラリーマン時代と公務員時代はよくサボっていたからです。

あの頃はカフェなんてオシャレなものはなかったけど喫茶店や公園でよくサボってました(笑)

公務員の時も出張のついでに買い物に行ったり、パーキングで本気の昼寝をしたりと今考えたらおバカな人間だったなと思います。

給料泥棒とは僕のことです。

ところで、「成功するための3つの要素」というのをご存知ですか?

===========================

【今週の目次】

1.本能は間違わない。思い込みが間違うのだ

2.燃えなくなったら……

===========================

この続きを見るには

(1,833文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む