女王様のご生還 VOL.117 中村うさぎ

先週はお休みしてしまってすみません!

連休は配信しますので、埋め合わせにさせてください!



さて、引き続き、オフ会にいらした方からのご質問です。



「ストレートにうさぎさんに質問します。

家も貧乏で親は父親母親ともに育児放棄。しかも暴力や言葉でも虐待されて親戚からも見捨てられ、愛されたことのない子供が、自立してお金持ちになり幸せになることは可能だと思いますか?



昔からそうですが、階級社会になり生まれてくる家柄や親で人生がある程度決まるんじゃないかと感じます。

虐待死のニュースも増えて、だいたいその親は若いうちにできちゃった婚して離婚して、母親が育児放棄して新しい男ができて、その男が虐待して母親の連れ子を殺してしまうという流れが多いと思います。

うさぎさんはどう思いますか?



また親からも他者からも愛された事のない人がまともに生きていく事は可能だと思いますか?

愛された経験のない私は他者を愛する事ができませんでした。

犬も飼って犬を愛そうとしましたが、愛せませんでした。しかし飼ったからには責任があるのできっちり自己責任と思い犬に愛を注いでますが、正直愛する事がつらいです。

なんで愛された事のない私が犬を愛さなければいけないのかと思って怒りがこみあげてくるのです。

しかし自分で飼った犬です。もう二度とペットは飼いませんが、今飼っている犬には最大限の努力で愛を注ぐように心がけています。



うさぎさん、私はもう他者に愛されようとも思わないし、親を責める事もしません。

諦めました。

しかし自分で自分を愛そうと思い、自分で自分を大切に愛そうと思っています。

この考え方はうさぎさんはどう思いますか?

親からも他者からも愛された事のない人が生きていく方法を教えてください。



また最近、自分が生きる事に絶望している事に気がつきました。

これ以上生きる事がつらいです。

うさぎさんの意見とアドバイスを教えてください」



えーとですね。まず冒頭の「親からも他者からも愛された事のない子供が自立してお金持ちになり幸せになることができるか」という問いですが、そりゃできると思いますよ。

自立や金儲けは親や他者の愛とは関係ないと思います。

むしろ「愛」という概念の希薄なタイプがめっちゃ成功して金持ちになったりするじゃないですか。

あまりこの言葉は使いたくないのですが、いわゆる「サイコパス」が企業のトップクラスに多いという現象は、彼らが余計な情けを持たず合理的に生きているからです。

そして彼らは例外なく、その非情さゆえに人から愛されません。

それでも彼らは社会的な地位や名声や富を獲得している。

彼らが「幸せ」かどうかは彼らに聞いてみないとわかりませんが、あなたの言う「幸せ」というのはどうやら「自立してお金持ちになる」事みたいなので(文面からはそう受け取れました)、そういう意味では「幸せ」の条件を満たしていると言えるでしょう。



貧しかったうえに親からの虐待など悲惨な目に遭った境遇には大いに同情します。

ですが、「だから成功できない」と決めつけるのは短絡的かと思います。

何故なら、そういった逆境がバネになることもあるし、職業によってはそのような体験があなたを食わせてくれることにもなり得るからです。

たとえば有名な作家や画家などのアーティストには、幼年時代に不遇だった人も多いです。

モーツァルトの父親なんか毒親じゃないですか(笑)。

吐き出すことができないまま溜まりに溜まった怒りや鬱屈、幸福への憧れや夢……そういうものが人一倍強くなるからこそ、ほとばしるような表現に結び付くのだという気がします。

この続きを見るには

(1,205文字)

¥200(税込)

購入して続きを読む