Vol.166 今さらですが、「ダイエットアカデミー」誕生物語

1.カラダだけじゃない。ココロも食べ物でできている

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

今さらですが、ダイエットアカデミーをご存じですか?

http://dietacademy.co.jp/

これまではほとんど触れて来なかったのですが、このアカデミーは僕のダイエット成功がきっかけになって誕生しました。

あなたは、ダイエットという言葉の語源をご存じでしょうか?

「ダイエット」は、現代でこそ「痩せる」という意味で使われていますが、もともとはそんな狭い意味合いではなく、古代ギリシア語の「ディアイタ(diaita)」が語源とされ、美容や健康のために生活習慣を改善することが本来の意味です。

本来のダイエット生活をリードし、食べ物の正しい選び方、食べ方を伝えたいという思いで、「ダイエットアカデミー」としました。

決して、ただ体重を落とすだけの場所ではない!

ということです。

本当にいろいろなダイエット法を実践してきた僕ですが、今度こそ痩せることに成功した!

これならもう苦しい思いをしなくても一生太らない!と確信した瞬間があります。

それはカラダの調子がみるみるよくなり始めたことです。

それまでのダイエット法は、体重が落ちてカラダは軽くなるはずなのに、快調!という実感がありませんでした。

人間は快調だと、気持ちが明るくなり、ココロが広々としてきます。

「自分には何でもできる!」と根拠のない自信も持てるようになります。

根拠がないってことはとても大事です(笑)

根拠のある自信を持つのは簡単ですから。

それだけでなく性格がおだやかに変わりました。

これは周りの評価が一番変わったことかもしれません。

もちろん今でもたまに腹が立つことはありますが、一度、頭のなかで咀しゃくして、冷静に判断できるようになったのです。

ケンカをすることもなくなりました(笑)

昔の友人に会うと、「本当にあの啓樹?」と驚かれますし、今の僕しか知らない人に昔の話をすると、「え?そんなにキレやすかったの?」と信じてもらえないほどです。

だから、ストレスが消えました。

昔からお肉やラーメンが大好きで、何も考えずに食べていた僕。

食べ物ってカラダだけじゃなく、ココロも作るんですね。



2.食べ物の真実を伝える

しかし……

「男として生れたんだから何かやり遂げたい!」

と、実家に帰ったものの、手に職のない自分に何ができるのか?考えあぐねる日々が続きました。

実は、起業しようと決めて公務員を辞めてみたけど、何で起業するとまでは決めていなかったんです。

2007年のことなので、インターネットが普及しているわけでもなく、周りで起業している人もいませんでしたし、何をどうしていいのか?全く分かっていませんでした。

ただのニートになっただけですが、起業する!という情熱だけはあったので、積極的に人と会うことを繰り返していました。

===========================

【今週の目次】

1.カラダだけじゃない。ココロも食べ物でできている

2.食べ物の真実を伝える

===========================

この続きを見るには

(1,780文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む