No.32 CAに重量制限はないのか?~ダイエットできないのは、意志が弱いからではなく、正しいやり方を知らないから~

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。



1. 太ったCA

僕は基本的に国内線はANAを使っているのですが、先月機内に入ってビックリしたことがありました。

何かというと、一人のCAがものすごく太っていたんです。80kg近くはありそうな巨体!

国内線の預け荷物は、1つあたり23kgまでって重量制限があって、2個までOKですが、そのCAの重量だと荷物4個分に相当します。

お客の荷物の重さをチェックする前に、「自分の体重はチェックしないんかい!」と言いたかったです。

荷物の重量制限はあるのに、なぜCAの重量制限はないのか?

将来はCAになりたい!という女の子が見たら、間違いなく夢を壊します。

美人とかブスの判断は、人ぞれぞれの価値観ですが、太っているかいないかは事実でしかありません。

預け荷物に重量制限がある理由は、重量が増えると燃費が悪くなるから、制限を超えた荷物に対してお客はお金を払わされるわけですよね?

そのCAの体重を運ぶために必要な燃料は、一般体型の人の2倍近く必要になるわけです。

動きもにぶいし、通路は狭くなるし、コストのかかる不効率な人材です。

これは僕の感覚ですが、JALに比べてANAのほうが太っている人が多いです(笑)。

もちろん、世の中には病気で太っている人はいるので、一概には言えませんが、明らかな自己管理不足の人がCAをするのは、どうかと思います。

昔ほどではないにしても、CAは花形サービス業の一つだし、見た目は関係ないという人もいるけれど、見た目だってサービスの一つです。

美人じゃなくていいけど、エプロンが食い込むような太り方はチョット……

あんなに太ったCAを採用するのは考えモノです。

痩せていれば良いわけではなく、プロとして、人に見られる仕事として、自己管理不足を露呈することが問題なのです。

===========================

【今週の目次】

1. 太ったCA

2. 朝食をフルーツにするだけで、カラダに正しい変化が起きる

3. 食事は自己投資

===========================

この続きを見るには

(4,070文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む