No.61 数百年にわたり人々を魅了している顔~幸せになる表情筋の使い方~

1.笑顔は最強

こんにちは。ダイエットアカデミー代表の上野です。

突然ですが、数百年にわたり魅了し続けている顔を知っていますか?

レオナルド・ダ・ビンチが描いたモナリザです。

「数百年にわたり魅了し続けている顔」と言われています。

彼が描いたこの有名で謎めいたモデルの顔に隠された感情を、近年、最先端のソフトウェアで分析した結果、モナリザは84パーセント幸福で9パーセントうんざりしていて、6パーセント脅えていて、2パーセント怒っているそうです。

あの不愛想な感じが幸福?本当かいな?とは思いますが(笑)ココロもカラダも健康になれば笑顔が増えます。

著書にも書いていますが、特に大変なときこそ、ピンチのときこそ笑顔でいることがココロの健康という意味ではとても大切です。

普段から余裕がある行動を振舞うためには、余裕が必要です。

少々のことでは怒らない、慌てないなど感情のコントロールが不可欠です。

普段から感情のコントロールをして、ココロにも行動にも余裕をもつことで、大変なときやピンチのときでも笑顔でいられるようになります。

そんな余裕がある笑顔にするためにも、あなたも周りを魅了する笑顔を手に入れてみませんか?

人は40歳を過ぎると、笑顔でいないと怒っているように見えます。

いつもニコニコしておく必要はありませんが、人と接するときは笑顔でいることを意識しないと、本人は怒っていなくても「この人、なんで不機嫌なのだろうか?」と思われます。

ですから、笑顔でいることをもっと意識しましょう!

ところで、あなたはこれを見ると、すると、食べると、持つと、会うと、笑顔になれるものが何かありますか?

あなたを笑顔にするもの、人、食べ物を全部集めてみましょう。

リストアップして、定期的にそれを自分に与えましょう。

それに触れましょう。食べましょう。飲みましょう。着てみましょう。

あなたが不快に感じるモノ、人は、やめましょう。

いつも、面倒くさいことを言ってくる、傷つくことを言ってくる、怒らせる、そういう人から離れましょう。

嫌な人からもらったもの、気に入らないものは、処分しましょう。

不快なものを処分せずに増やし続けると、心にシャッターを下ろすがクセがついて、良い人、良いものが来ても気づきにくくなります。

笑顔になれるツールを身近に置き、そして、不快感があるものを取り除くと、あなたのココロはいつも広々としてもっと、もっと笑顔が増え、生きるのが楽しくてしようがなくなっていきます。

不快になるものがない状態で、笑顔になれるものが、より多くあるだけで、あなたの心地よさは、倍になり、その心地よさは、さらなる心地よさになり、あなたのなりたかった理想や願いが近づいてきて、あなたの夢が叶いやすくなります。

何があなたにとって、笑顔になるツールでしょうか?

それを見ているだけで、一緒にいるだけで、もう笑顔になってしまうもの。

それは、小さな身近なことが良いです。

例えば、家族、両親、子供、友人など愛する人、大好きなキャラクター、アクセサリー、好きな作家の本を読むこと、好きなアーティストの音楽を聴くこと、お気に入りのカフェや、ホテルのラウンジでカフェタイムを楽しむこと、お気に入りの服を着るなどでも良いです。

そんな風に、あなたがそれを見ているだけで、触れて、そして近くにあるだけで、そこにいるだけで、口角が自然に上がってしまうようなものを大切にしてみましょう。

身近な小さな笑顔が、あなたの生き方を変え、人生を豊かに変えていくかもしれません。

そして、あなたの知らないところでも、あなたの笑顔が、誰かの元気や、癒しになっているかもしれません。

2.「作り笑い」にも一理あり!

笑顔になるツールがすぐに活用できない時は、作り笑いをするだけでも、良いことが起きます。

===========================

【今週の目次】

1.笑顔は最強

2.作り笑顔にも一理あり

3.こんな時こそ人間性が分かる

===========================

この続きを見るには

(2,473文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む