Vol.99 短期目標と長期目標は別物!~そして、どちらも締め切りを決めること~

1. 目標は具体的に

こんにちは。ダイエットアカデミー代表の上野です。

先日、セミナーでこんなシーンがありました。「ダイエットに成功したらあなたは何をしたいですか?」と質問したときのことです。

男性参加者の一人が、「オーダーメイドでスーツを作ります」と答えました。

そこで僕が、生地の色は? デザインは? 2つボタン? 3つボタン? シングル? ダブル? それに合わせるシャツやネクタイ、シューズの色は?

と質問しました。

彼は何も答えられませんでした。

目標は、具体的であることが重要です。

旅行をするときも、どこで何をしたいかを決めて、旅費や時間の準備に取りかかりますよね?

目標が具体的でないと、準備ができませんから、いつまでたっても目標達成はできません。

というか、そもそもスタートラインにすら立てません。

先ほどの「オーダーメイドでスーツを作ります」といった男性は、ダイエットに成功する!いう準備ができていない状態です。

目標を立てることは手段ですが、それが明確でなければ絶対に達成できません。

ダイエットに失敗する人の目標で多いのは夏までに痩せたい!腹筋を割りたい!ダイエットに成功したらオシャレを楽しみたい!ダイエットに成功して自分に自信をつけたい!

このような目標設定だと具体的でないので達成できないのです。

夏っていつなの?腹筋を割るって何パック?どれくらいの厚み?オシャレって何?自信をつけた状態とはどんな自分?簡単にツッコんだだけでもこれだけもあります。

これだけでも具体的でない事が分かりますよね。

目標を設定するときは「誰が見ても、聞いても直ぐにイメージできること」が重要なのです。

2. 短期目標の延長線上に長期目標があると思っていませんか?

もうひとつ、目標を達成できない人の特徴があります。

それは、短期で考えるべき目標と、長期で考える目標との区別をつけずに一緒にしてしまうことです。

===========================

【今週の目次】

1. 目標は具体的に

2. 短期目標の延長線上に長期目標はない!

3.締め切りは成功の母

===========================

この続きを見るには

(2,030文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む