No.60 老ける食べ物を食べ過ぎていませんか?~あなたは、あなたが「食べた」通りになります~

1.老ける食べ物とは?

こんにちは。ダイエットアカデミー代表の上野です。

理論上、人は若返ることはできませんが、老化のスピードを遅らせることはできます。

その方法の一つが、老ける食べ物を食べないことです。

老ける食べ物とは、酸化している食べ物のことです。

例えば、酸化食品の代表が、コーヒー、紅茶、ジャンクフードなど。

では、野菜なら良いかというと、そうではありません。

加熱調理した野菜は、じつは酸化していますし、スーパーやコンビニで売っているカット野菜も、切り口から酸化していきます。

カット野菜は、酸化して切り口が茶色くなると売り物にならないので、いつまでも新鮮そうに見える魔法の薬剤が使われています。

その薬剤もまたカラダの酸化を早めます。

先日、NHKの番組を観ていたら、年々、マヨネーズの消費量が増大しているというネタを扱っていました。

一時期、“マヨラー”という言葉がはやりましたが、その時期よりも増えているそうです。

健康への意識が高まっているわりになぜまた酸化した油の塊であるマヨネーズブームなのか?

僕はちょっと興味を持って、番組の続きを観ることにしました。

所ジョージさんが司会するその番組によると、マヨネーズの消費量が増えているのは、カット野菜が売れていることも一因だそうです。

カット野菜を買って、マヨネーズをチョチョイとかければ、手軽にサラダができるから人気だそうです。

そして、カット野菜をどんどん買っているのは、料理を作るのが面倒くさくなった高齢者の方々が中心とのこと。

僕には、その番組がマヨネーズのCMに見えました。

公共放送を使うのですから、じつに巧妙!としか言いようがありません。

なぜなら、マヨネーズがカラダに良いと思っている人はそんなにいないはずだからです。

===========================

【今週の目次】

1. 老ける食べ物とは?

2. お酒は若返り水?老化水?

3. 医者の不養生

===========================

この続きを見るには

(3,506文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む