消費税を払わずに買い物をする方法/タカタもアメリカにはめられた! 『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』



Shutterstock/elwynn



●税法の抜け穴~消費税を払わずに買い物をする方法~

現在、消費税は8%です。買う値段がほぼ1割増しです。これってけっこう高いですよね?

特に高い買い物をするときには、消費税はかなり痛いはずです。

どうにかして消費税を払わないで買い物する方法はないものか、と思ったことがある人も多いでしょう。

しかし、消費税というのは、日本に住んでいる限り、必ず払わなければならないものです。物を買う時点で、お店が徴収するわけなので、消費者としては逃れる道がありません。「私は、消費税を払いません」

と頑強に主張したとしても、お店は物を売ってくれなくなりますからね。

が、が、この絶対に逃れられないように見える消費税ですが、実は逃れる方法もないことはないのです。

「ないことはない」というような歯切れの悪い言いかたになってしまうのは、これは決して推奨される方法ではないからです。厳密に言うと、違法もしくは、違法ギリギリということになります。

だから、筆者は決してこの方法を推奨するわけでも、絶対大丈夫と保証するわけでもありません。あくまで、世の中の一つの実態の話として、聞いてくださいね。

実は日本国内であっても、消費税を払わずに買い物ができる場所あるのです。

それは「国際空港」です。

国際空港で入管を通った後、いろんなブランドショップとかがありますよね?

そこで買い物をすれば消費税は払わなくて済むのです。

「なんだ、そんなこと知っているよ」

なぜ入管を通った後は、免税になるのか、というと…

消費税というのは、国内で消費する物(使用する物)にかかる税金です。入管を通った後ということは、海外に持ち出すことが明確なので、消費税は免税になるのです。

そして、ここからがこの話のキモになるのですが、日本の空港の免税店で買った物を日本に持ち帰ることもありますよね?

その場合、消費税はかかると思います?

実は、本来はかかるのです。

この続きを見るには

(5,149文字)

¥360(税込)

購入して続きを読む