Vol.103 あなたが知らないかもしれない?朝食の常識“フルーツは、健康のルーツでしょ!~



1. 1日3食、1日2食、どっちが常識?

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

先日、出張先のホテルで朝食を食べていたときのこと。

僕はフルーツをカットしてもらって食べていたのですが、周りを見渡すと、朝からパンにスープ、ヨーグルト、仕上げにコーヒーを飲んでいる人ばかり・・・。

中には花粉症の元になる牛乳や、便秘の元になるオムレツを食べている人も。

いまだに、朝食にフルーツ以外の“何か”を食べている人がこんなに沢山いることにビックリしました。

僕は、けっしてフルーツ協会(そもそも、そんなのあるのか?)の回し者ではないし、フルーツ消費量が増えても1円の得にもならないし、生産者から感謝されることもありません。

そんな僕が本に書いてまで「朝食にフルーツを」とすすめているのには理由があるんです。

人のカラダには24時間で計算すると3つのサイクルがあり、

12:00~20:00=消化

20:00~4:00=吸収

4:00~12:00=排泄

となっています。

「1日3食であてはめると、

12:00~20:00=昼食(消化)

20:00~4:00=夕食(吸収)

4:00~12:00=朝食(排泄)

でちょうどいいね」

っとなりそうですが、違います。

===========================

【今週の目次】

1. 1日3食、1日2食、どっちが常識?

2.「やらない理由探し」のプロ

===========================

この続きを見るには

(2,135文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む