Vol.176 コロナワクチンを考える~考えなく打つ前に、少し考えてみる~

1. ワクチンについてどのくらい知っていますか?

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

連日、コロナの話題でもちきりですが、自粛疲れはしていませんか?

僕の周囲には「コロナワクチン接種の予約が取れた」という人が増えています。

その一方で先日、街中で「コロナワクチンを打ってはいけな~い!」と訴えている人々も見かけました。

ところで、皆さんはワクチンのこと、どのくらい知っていますか?

ワクチンとは基本的に感染したような状態を引き起こし、カラダにそれに対する免疫力を作り出すための手段です。

そして、ワクチンには3種類あります。

1)生ワクチン

症状が出ないよう限りなく弱くした病原菌を入れる。

それによって抗体ができる。

2)不活化ワクチン

病原菌にいろいろな処理をして病原性をなくしたものを入れる。

それによって抗体ができる。

3)コロナワクチン

簡単に言うと、カラダの中の細胞の遺伝情報を操作して、コロナウイルスが持っているトゲ(スパイクたんぱく質)を作り、それによって抗体ができる。

これまで僕たちが打ってきたのは、生ワクチンや不活化ワクチンです。

コロナワクチンは、人類が初めて打つニュータイプのワクチンということになります。

さて、どうしましょうか?

新ワクチンは、もともと持っていない性質を付け加える遺伝子組み換え。

副作用はもちろん未知数です。

僕は……打ちません。

===========================

【今週の目次】

1.ワクチンについてどのくらい知っていますか?

2. 変われない人の特徴と対策

===========================

この続きを見るには

(2,314文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む