Vol.104 幸せには2種類ある~高揚感と充足感、どっちが人生を幸せにする?~



1. 幸せを連続させる習慣

こんにちは。

ダイエットアカデミー代表の上野です。

先日、幸福度の高い人たちが欠かさない、「幸せを連続させる習慣とは?」というニュースを読みました。

その中で、幸せには2種類あると説明されていました。

1つは、「束の間の幸せ」、もうひとつは「人生全体に充満する幸せ」です。

前者の幸せを求めるなら、目新しい体験を探しましょう。

ワクワクすることを追い求めたり、新しいことをやってみたり、自分の限界を超えてみたり、楽しいことを学んだりすると良いです。

もう一つの「人生全体に充満する幸せ」には、ワクワク感やドキドキ感はありません。

その代わりに、一生のすみずみに行き渡るようなひとつの「充足感」をもたらしてくれます。

このような幸せは、一生に一度の瞬間が連なってできるものではなく、日々の行動や習慣を通して、時間をかけて育まれるものであり、だからこそ、最高に幸せな人は「習慣」を大切にしていると書かれていました。

なるほど~と思いましたね。

日々の積み重ねでしか、長期にわたる幸せは得られないんですね。

受験合格、就職、結婚、出産など、人生の大きなイベントが幸せや不幸を決定づけるという考え方ではなく、もっと継続的なものであることが幸せや不幸へと導くのです。

受験合格、就職、結婚、出産なども達成感、高揚感にあふれる瞬間ですが、考えてみれば、どれもゴールではなく始まりですよね。

人生に行き渡るような充足感が日々の行動や習慣を通して、時間をかけて育まれるものだとしたら、それは、自分でコントロールできるものです。

どんな大学生活を送るのか?

どんな社会人生活にするのか?

どんな結婚生活にするのか?

継続的な幸せづくりは、日々できることですからとても地味です。

===========================

【今週の目次】

1. 幸せを連続させる習慣

2.行き詰まるまでやる!

===========================

この続きを見るには

(2,232文字)

¥150(税込)

購入して続きを読む