「消費税を払わずに買い物をする方法2」「なぜアマゾンは日本で法人税を払っていないのか?」ほか『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』

Shutterstock/danielo



●消費税を払わずに買い物をする方法2

2017年の7月号では、国際空港の免税店を使って消費税を払わずに買い物をする方法をご紹介しました。が、買い物のために海外に行く暇などないという方もおられると思います。なので、今回は国内で買い物をするときに、消費税を払わずに済む方法をご紹介したいと思います。消費税というのは、原則として日本で買い物をする限り、必ず払わなければならないものです。物を買う時点で、店が徴収するわけなので、消費者としては逃れる道がありません。が、実は「通販」であれば、消費税を払わずに済むケースがあるのです。それは、海外から「個人輸入」することです。つまりは、海外の店舗に直接、申し込んでモノを買うのです。本来、輸入品には消費税、関税がかかってきます。それは海外の通販サイトから個人が物を買った場合でも同様です。

しかし、個人が自分のものを買うとき(商売品ではないとき)は、一回の取引が16666円以内であれば、消費税、関税は免除されるのです。なぜ16666円以内であれば消費税、関税がかからないのか?というと、一回の取引が1万円以内の個人輸入には消費税、関税が免除になるという規定があるのです。そして輸入品の税金の計算するときの価額は、輸入品の購入価額の60%となっています。16666円の60%は1万円以内に収まるので、16666円以内ならば、消費税、関税は払わなくていいことになっているのです。

海外の通販サイトから物を買う場合、当然、送料や手数料がかかります。が、まとめ買いをすれば送料が割引されるなどの方法もあり、うまくやれば送料と手数料込みでも千円以内で収まることもあります。1万6千円の買い物をすれば、千円の送料手数料を払っても、送料手数料の割合は6%程度です。消費税よりも安いのです。しかも海外直輸入であれば、もともとの値段がけっこう安いので、消費税分の元は十分に取れるはずです。

個人輸入となると、英語がわからないとできないと思っている人も多いかもしれませんが、昨今は、日本語で買える海外通販サイトなどもけっこう多くなっています。また英語でのサイトも、それほど難しいものではありません。中国の通販サイトなどでは、驚くほど安いものが売られているケースも多々あります。こういうところをうまく利用すれば、安いお金でかなり豊かな消費生活を送れることになります来年からは、消費税が10%になることが決まっていますので、今後は、買い物によっては海外通販を利用することを本気で考えた方がいいかもしれません。ただし、海外の通販サイトを利用する場合、商品に欠陥があったり、何かトラブルがあったときの対処がかなり大変になります。そういうトラブルについても、きちんとしたサービスを行っている業者もいますが、なかなか日本の業者のようにはいかないことが多いので、その点はくれぐれも注意が必要です。

●自動車取得税をゼロにする方法

消費税を払わない方法の次は、自動車取得税を払わない方法をご紹介しますね。日本の自動車に関する税金は、世界的に見て非常に高くなっています。車を購入したことがある人ならば、わかると思いますが、本体の価格よりもかなりたくさんの代金を払わされることになります。100万円の車を買ったはずなので、120万円くらい払わされた、というようなことがよくあるはずです。これは、車にはたくさんの税金が付随しているからです。自動車に関する税をすべて払わないというわけにはいきませんが、自動車取得税については払わないで済む方法があります。



この続きを見るには

(4,004文字)

¥360(税込)

購入して続きを読む