安倍首相のイラン訪問・香港の逃亡犯条例改正案・日立株とSansan株等

■安倍首相のイラン訪問・香港の逃亡犯条例改正案・日立株とSansan株等

 目下、『シニア&初心者に捧げる 我が70年の投資哲学』が絶賛発売中です。1995年にNPO法人「日本個人投資家協会」を設立し、理事長として個人投資家のレベルアップを目指してきた経験を踏まえて著しました。「頭の体操」をしながら楽しく儲けたいと思う人、いつも騙されて損をしている人などには必読の本です。併せて、「期待する株 避ける株」で具体的な銘柄も掲載しました。全国の大手書店およびネット書店に置かれています。ぜひご一読ください。

●ロウハニ大統領および最高指導者ハメネイ師との会談の意義とは?

 今年は日本とイランが外交関係を樹立して90周年にあたります。安倍晋三首相は6月12~14日にイランを訪問し、ロウハニ大統領および最高指導者のハメネイ師と会談しました。日本の首相がイランを訪問するのは1978年の福田赳夫首相以来41年ぶり、1979年のイラン革命後にイランの最高指導者と会談するのは初めてとなります。また、今回の訪問はトランプ大統領からの要請を踏まえたものでもありました。

 イランでは大統領と国会議員は国民による直接選挙で選ばれますが、最高指導者は専門家会議という組織を通じて選ばれます。現在のハメネイ師は1989年にホメイニ師が死去した後、30年間、最高指導者の地位に就いていて任期はありません。

この続きを見るには

(4,799文字)

¥4500(税込)

購入して続きを読む