核武装せずに自衛する方法~武田邦彦集中講座 前向きの話し(5)

Shutterstock/akiyoko



◆日本が核武装せずとも、諸外国から核攻撃されない方法とは

今では考えられないことですが、少し前まで「日本の防衛をどうするか?」という議論をしますと、いわゆるリベラル派という人たちから「また軍国主義を復活させるのか!」と怒鳴られました。平和主義の人が「戦闘的、暴力的」なのは昔からで、民主主義で言論の自由があるのに、自分たちが気に入らないことは議論もさせない、時に暴力を振るう、というのが、今では立憲民主党や共産党などの人たちですが、今でもあまり変わらず、「議論させない、怒鳴る」ということが多いようです。

さらに「核武装」になると、議論どころか「核」という言葉も使えなかったのですが、実は日本がアメリカ軍の「傘の下」にあるということは国連などでも明白なことで、頭隠して尻隠さずの日本は軽蔑されていました。

その点では最近、憲法改正や北朝鮮のこともあって、日本の自衛や核武装についてこのような機会に書くことができるようになったことは、私たちの子供にとってとても良いことと思っています。

私は「自衛隊は憲法と砂川判決によって認められているので憲法改正はいらない」という考えで、さらに核武装については「中国が核で脅してくるが、核武装しないでも大丈夫」という考えです。いずれも私としては筋が通っているつもりですが、日本ではメジャーな考えではないことも知っています。

今回は自衛隊のことではなく、「日本は核武装しなくても核攻撃されない」という状態を国際的に作る方法を提案したいと思っています。一般的な日本人は「中国から核攻撃を受けるのは嫌だけれど、そうかといって日本の核武装も気乗りしない」というのが本当の気持ちと思うからです。

この続きを見るには

(1,366文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む