ダマシを見抜け!  武田邦彦集中講座『すぐ給料を二倍にする方法(1)』



Shutterstock/BlueSkyImage



◆決意次第で給料が2倍に上がる方法

1960年に池田勇人内閣総理大臣が国会で「所得を倍増する!」と叫んでいるのを見て、当時、学生だった著者は「そんなこと、できるわけはない。口で言って給料が倍になるなんて、政治家も嘘つきだ」と思ったものでした。

でも、若き著者は知識もなく、ただ感覚的にそう思っただけでした。事実、それからみるみるうちに日本人の所得はあがり、2倍どころか、1995年から1990年までの長い期間を取ると、実に8.8倍にもなっているのです。

当時は物価も給料もいまとは違う時代ですが、現代風に治すと、22万円の月給が200万円になるのですから、それはずいぶん違います。素晴らしいマンションに住み、車を持ち、好きにコーヒーが飲めるという生活になるでしょう。

そして、それは現代でも夢ではないのです。「自分の給料を2倍にするのは、自分の決意次第」というと奇妙に感じるでしょうが、本当のことなのです。このシリーズでは「わざと自分の給料を上げないようにしている日本人に、『決意さえすれば上がる』という具体的な方法」を示したいとおもいます。

給料を上げる手段は2段階に分かれます。まず第一段階では、1)ダマシを見抜いてお金を返してもらう、ということで、その整理ができたら、2)具体的に給料をあげるようにする、という第二段階に入ります。欺されている状態で給料をあげると、上げた分だけまたダマされて実質的にお金が増えないということになるからです。

それでははじめます。

◆財務省がウソをつけば同じようにウソをつく「御用学者」たち

この続きを見るには

(1,343文字)

¥240(税込)

購入して続きを読む