NO.6 実は間違っていた!ビジネスマンがやっているNG習慣とその対策

こんにちは。ダイエットアカデミー代表の上野啓樹です。

今日は多くのビジネスマンが「身体にいい!」と思い込んでいるけど間違っている「習慣」についてお話します。



朝起きてすぐにお水を飲むはNG

寝ている間に人は呼気と寝汗でコップ1杯以上の水分を身体から失っています。ですから、朝起きてお水を飲むのは良いこと、と言うよりはコンディションを下げないためにもしなければならないことです。

しかし!寝ている間は無意識に口が開いていて喉も乾燥しています。乾燥した喉には雑菌やウィルスが付着しています。また、朝4時からお昼の12時までは、身体が老廃物を出す時間なので口の中が粘液でネバネバしていたり、口臭となって排出されています。そんな状態でお水を飲むと、雑菌やウィルス、老廃物を体内に送り込むようなものです。朝起きてトイレに行って体内の老廃物を排泄して、口をゆすぎ粘膜となった老廃物を出し、うがいをして雑菌やウィルスを取り除いてからお水を飲むようにしてみてください。



代謝を上げるとコンディションも上がる

朝お水を飲みましょう!というお話をしましたが、お水を飲むなら、1年中どんな時でも常温のお水を飲むことです。この時季になると「朝は寒いので白湯を飲みます」と言う人がいますが、白湯を飲むとその瞬間は温まりますが、温まった身体は体温を正常に戻そうとして利尿作用を起こします。その結果、体温がまた下がり逆効果です。身体を温めたいのであれば、身体の外からではなく、中から温めると良いですよ。

例えば、朝お水を飲んだ後にストレッチをする、軽くジョギングする、10分で良いので自宅で筋トレする。もし朝時間があるなら半身浴もお勧めです。何かを食べたり飲んだりして温まった体外温度は直ぐに下がってしまうので、体内温度を上げることを意識する。体温が1度下がると免疫力が30%ダウンしますが、逆に体温が1度上がると免疫力が5~6倍アップします。

ちなみに、約60年前の日本人の平均体温は36.9度あったと言われていますが、現代の日本人は平均36.2度にまで下がり、35度台の人も少なくないそうです。これは運動不足や飲酒、塩分や糖分のとりすぎが原因となっていることが殆どです。体温を上げてコンディションを上げるためにもライフスタイルの見直しをする必要がありますね。



朝ご飯はしっかり食べるはNG

「朝ご飯はしっかり食べましょう!」という情報を鵜呑みにしていませんか?「朝食べておかないと昼まで体力がもたないから」「朝ご飯を食べないと脳が働かないから」という理由で食べている人が多いですが、これは大間違いです。理由を説明します。

ご飯を食べたら眠くなることはありませんか?人の身体は食べたものを胃で消化します。この消化をするときに、かなりの体力を使います。例え食パン1枚にコーヒー1杯でも、口にすれば消化に体力を使います。体力を使うから疲れて眠くなるのです。ですから、朝ご飯を食べるということは、今から仕事へいくのに疲れるようなことをワザワザしているのです。休みの日であればそれでも良いでしょう!しかし、今から仕事なのにスタートラインに立つ前に疲れている。スタート前に既にハンデを背負っているわけですから、1日を通して良いパフォーマンスができるわけがありません。

また、朝から電車やバスの中で眠っている人がいますが、これは寝不足もありますが朝ご飯を食べて疲れてしまっている人も大勢います。これから試合があるのに食事をするトップアスリートはいないのと同じように、僕たちビジネスマンも仕事がある日は朝ご飯を食べないことです。



朝食べるなら新鮮な····

逆に、唯一食べて良いものがあります。それは新鮮な旬のフルーツです。新鮮なフルーツは消化に体力を使わない食べ物なのでお腹いっぱい食べても大丈夫です。この時季ですとリンゴやみかんですね。

新鮮と言っているのには理由があります。缶詰には防腐剤やシロップが、フレッシュジュースには酸化防止剤が入っています。コンビニのカットフルーツも同じように酸化防止剤が入っています。

また旬のフルーツである必要があるのは、旬でないフルーツを食べると身体を冷やしますし、防腐剤が使われているものが多いからです。この時季の梨やスイカやバナナ、キウイは避けておきましょう!

食べて良いのは新鮮で旬のフルーツのみなので間違えないようにしてくださいね。ちなみに僕は今朝リンゴ3個とみかん7個食べました。



朝のコーヒーはNG

朝、眠気覚ましにコーヒーを飲む人がいますが、これは絶対にやってはいけないことです。朝は血圧が下がっている状態なのですが、コーヒーを飲むことで一気に血圧が上昇します。一気に血圧が上がると30分くらいは眠気が覚めたような気になりますが、一気に上昇した血圧は一気に下降します。その結果、疲れてしまいます。また利尿作用があるため、体温が下がり体調不良の原因にもなります。他にも貧血、口臭、睡眠の質の低下、自律神経の乱れなど、コーヒーを飲むデメリットを分かったうえで飲まないと無駄に飲んでしまいます。

それとコーヒーを飲んだら、飲んだ量の倍の量の常温のお水を飲むと良いです。例えばコーヒー一杯飲んだのであれば、500mlのペットボトル一本のお水を飲むのです。ただし、それはあくまでも応急処置レベルなので依存しないようにしてくださいね。

もしそれでもコーヒーを飲み続けたいのであればお酒の休肝日と同じように「コーヒーを飲まない1日」を取ると良いですよ。



ランチを食べるのはNG

平日の12時台になったら、ランチを食べているビジネスマンが街にたくさん溢れますね。なかには並んでまで食べている人もいますし、並びたくないから12時前に食べにいく人も見かけます。僕もサラリーマンや公務員時代はランチタイムが待ち遠しく、それが楽しみで午前中の仕事を頑張っていたので気持ちは分かります。

分かりますが「コンディション」という観点からするとランチは無理に食べない方が良いです。このmineでも何度もお話していることですが、ランチを食べると眠くなるし身体も重くなり、ランチ以降のパフォーマンス低下に繋がるからです。「ランチを食べたら元気が出る」というのは完全な思い込みで逆にコンディションは悪くなります。

もちろん食べてはいけないとは言いませんが、食べるにしてもガッツリ食べるのではなく、腹半分くらいにしておいた方が良いです。

また一人ランチはしないこと。一人ランチをしているビジネスマンの殆どはスマホを見ながらの「ながら食い」をしていて、ほとんど噛まずに食べているし、早食いになっているし、何を食べているのか認識していないので「食べた」という認識が薄く無駄にお腹が空きます。特にお腹が空いていなくても「ランチタイムだから」という理由で食べに行く人もいますが、同僚と食べに行く約束があったり、ビジネス上のお付き合いで仕方がない場合を除いて、ランチを食べることのメリットはありません。むしろデメリットの方が多いのです。



疲れた時に甘いものはNG

残業をしているとついつい甘いものを食べたくなります。「疲れた時は甘いもの」とよく言われていますが、これも完全な思い込みで甘いものを食べると逆に疲れます。簡単に説明すると甘いものを食べると血糖値が急上昇するからです。すると、ホルモンの一種であるインスリンが分泌され、今度は血糖値を下げようとします。血糖値が下がりすぎると、逆に疲れを感じたり眠くなったりします。

疲れた時は5分で良いので仮眠をとるのが一番効果的です。疲れたまま5分の仮眠をケチってローパフォーマンスをするより、思い切って仮眠をとり、疲れた脳をスッキリさせてからハイパフォーマンスをする。その方が何倍も効率が良いですよね。この切り替える力はビジネスマンとしてのセンスが必要になってくるでしょう。

ここまで普段ビジネスマンがやっているNG集とその対策をお話してきましたが、いかがでしたか?

もっとコンディションを上げようと思うのであれば、もっとお伝えしたいことはありますが、先ずは上記したことを止めたり、改善していくだけでも成果は得られるので是非、実践してみてくださいね。

出来ない理由を並べるのは簡単ですが、それが今のあなたの身体に結果として出ています。

朝スッキリ起きられない。疲れている、太っている、老けている・・・

これらは全て年齢や体質、環境が原因ではなく、これまでのアナタの選択の結果です。人は習慣から出来ていて、習慣とは選択の集大成です。その選択を正しいものに切り替え、もっとコンディションを上げてハイパフォーマンスをしていくお役に立てたら嬉しいです。



ダイエットアカデミー代表 上野 啓樹

http://dietacademy.co.jp/

無料で読めるメルマガも書いています。

【人生が変わるダイエットメルマガ 】

http://bit.ly/1iVgxRv